非常食の必要性について考える。

ここ数年、日本でも様々な災害が起こっています。地震、集中豪雨様々な災害により多くの人が、被害にあわれています。そういった状況は、いつ自分の身に降りかかるかは誰にもわかることではありません。しかし、そういった災害の時のために自分自身で様々な準備をしておけば、被害にあってしまっても多少の安心感を持つことができると考えられます。
人が生きていくためには、食べるということはとても大切なことです。災害の被害にあってしまっても、食べることをしなかったら、人は生きていくことができません。
自分自身でできる災害時の備えは、まず非常食だと考えられます。
災害時には、避難所も設置され様々な救援物資が届くようになっています。しかし、交通手段がなくなってしまえば救援物資が多くあっても届けることができません。そして、救援物資を手配する場所も被害にあってしまっていたら、迅速に対応することが困難になってしまいます。しかし、大人は多少空腹でも我慢することができますが、小さな子供にとっては空腹を我慢することは難しいことです。被害にあうまでは、空腹を我慢することなど経験したことがないので仕方のないことです。そういった時、自分自身で多少でも非常食を用意していたら、救援物資が届くまで空腹を多少でも満たすことが可能です。
多くの災害が起こり、その災害の体験から、便利で保存のきく保存食が多く販売されています。どれも簡単に食べ物を口にすることが可能なので、子供からお年寄りでも心配ありません。
そして、様々な種類の非常食が販売されています。少し前までは種類も少なく、味を楽しむというより生きるための食事という印象が強いものでした。しかし今では、多くの種類の非常用の食べ物があり、味も改良され食事を少しでも楽しむことができるようになっています。好き嫌いのある方でも、豊富な種類があれば自分の食べることができるものを選ぶことができます。そして、食物アレルギーの方のための非常用の食べ物もあるので、安心して購入することができます。
いざというときのために、今現在必要のないものを備える必要性があるのかと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、自然災害は人に予測できるものではありません。そして、備えておくことは決して無駄なことではなく、生きるためには重要なことです。非常用の食べ物は、そういったことを考え通常の食料品よりも長く保存できるよう様々工夫がされていますので、家族のためにも備えておくべきだと考えられます。