自分にあったものを利用しましょう

カラコンは最近人気があるコンタクトレンズの一種です。
色がついていて、つけるだけで目の色を変えることができ、違った印象を相手に与えることが出来ます。
初めてカラコンをつける人は、何を注意すれば良いのかわからないと思います。
知らないでつけていると、目の病気になったりすることもあるようなので、しっかりと注意点を守り、カラコンを使いましょう。
気をつけていれば便利なアイテムです。
まずは自分にあったサイズのカラコンを利用しましょう。
また度ありを購入する場合は、きちんと自分の視力を調整できるカラコンを選んでください。
カラコンを購入する前に眼科に行っておくと良いでしょう。
目の健康状態も知ることが出来ますし、カラコンを購入する上で必要なデータがわかるはずです。
必要なデータとは、レンズの直径、ベースカーブ、パワーのことです。
ベースカーブとはレンズのカーブの度合いを示す数値のことで、数値が小さいとカーブがきつくなります。
パワーは度数のことです。


基礎知識について

カラコンの基礎知識を紹介します。
きちんと基礎知識を知っておくだけで、自分にあったカラコンを選ぶことができ、目のトラブルを防ぐことが出来ます。
カラコンを購入する時に必要となるデータが、レンズの直径とベースカーブ、パワーです。
レンズ直径はDIA、ベースカーブはBC、パワーはPと表現されます。
市販のカラコンのレンズの直径は14mm前後が多く、自分の好みに合わせて選んでください。
ベースカーブはレンズのカーブの度合いをあらわす数値です。
数字が大きいほどカーブの度合いはゆるくなります。
カラコンをつけていて頻繁にずれる人は、もしかしたらこのベースカーブがあっていないのかもしれません。
自分にあったものを選びましょう。
パワーは度数をあらわします。
近視は-、遠視は+で表示され、数字が大きいほど度数は大きくなります。
ちなみに度が入っていないものは、-0.00と記されています。
自分にあった度数、カーブ、レンズの直径のカラコンで、おしゃれを楽しんでください。